スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペン画(笑顔の女性)

輪 (190)


画材(ペン1本・画用紙)
画像元(ニッセンカタログ)
制作日(08年・2月26日)

えんぴつとぺん本館ほもどうぞ。
スポンサーサイト

ペン画(女性の顔)

08・1月 022
画材(ペン1本・画用紙)
画像元(ニッセンカタログ)
制作日(08年・1月5日)

えんぴつとぺん本館ほもどうぞ。

ペン画(女の子)

子供
制作日(08年・1月9日)

003_20080828212120.jpg
制作日(08年・2月7日)

08・1月 060
制作日(08年・1月8日)

子供
制作日(08年・1月9日)

子供
制作日(08年・1月12日)

子供
制作日(08年・1月11日)

えんぴつとぺん本館ほもどうぞ。

鉛筆画(笑顔の女の子)

女の子
あまり影を付けずに描いた1枚で、口元や鼻の辺りの輪郭線を強調してます。
髪の毛は細かく描いてはないけど、陰影的には気に入ってます。

画材(鉛筆2種・画用紙)
画像元(なかよし共和国)
制作日(08年・4月28日)

えんぴつとぺん本館へもどうぞ。

鉛筆画(女の子の横顔)

女の子
あまり影がなくて難しそうだったけど、上手くバランスは取れたかなってトコです。
ポイントは右肩あたりの服との境目、ちょっとしたラインで立体感でますね。
ただ髪の毛にはギブアップでした・・・・・。

画材(鉛筆2種・画用紙)
画像元(なかよし共和国)
制作日(08年・4月29日)

えんぴつとぺん本館へもどうぞ。

鉛筆画(女性の顔)

女性
一般的にはこのくらいでもデッサンって言うと思いますけど
僕にとっては輪郭線主体でかなり少ない影で描いてます。
理想とは少し違うけど、まだ模索中なのでこんなもんかなってトコです。

鉛筆画(鉛筆2種・画用紙)
画像元(ニッセンカタログ)
制作日(08年・4月3日)

えんぴつとぺん本館へもどうぞ。

鉛筆画(女性の顔)

女性
この絵は少ない影で描きたくて色々試してた絵です。
結局今は「少ない影」は考えていないんですけど。
鼻の辺りとか一本の線でハッキリ描いたり、変化付けようとしたんだけど、まだ形になってないんですよね。
優しい雰囲気にはなったかなってトコです。

画材(鉛筆2種・画用紙)
画像元(ニッセンカタログ)
制作日(08年・4月16日)

えんぴつとぺん本館へもどうぞ。

鉛筆画(笑顔の女の子)

女の子
少し微妙な仕上がりですけど、表情的には悪くないです。
歯が少ししか見えてないのが描きにくかったです。
髪の毛も真っ黒で、ただ影を付けただけって感じします。
画材(鉛筆3種類・画用紙)
画像元(なかよし共和国)

えんぴつとぺん本館へもどうぞ。

鉛筆画(にゃんこの絵-3)

ねこ
デッサン始めてから初めて描いた猫の絵。
普通に影付けるだけで、毛並みまで表現出来ませんでした。
これからの最大の課題ですね。
今見ると鼻に立体感がないですね。

ちょっとカリン様っぽくない?
「悟空~!!最後の2粒の仙豆じゃ~!!」って言ってそう。

えんぴつとぺん本館へもどうぞ。

鉛筆画(にゃんこの絵-2)

く~ちゃん
nimomoさん家の可愛いく~ちゃんを描かせて頂いた1枚。
今回のテーマは「黒い艶やかな毛並み」「白い立派なおひげ」。
やっぱり陰影だけで精一杯、目の周りの白い部分も不自然で、毛の流れにもギブアップ。
髭にも悪戦苦闘、本来はもっとしっかりした印象だけど、なかなか白い髭をしっかり描くのは難しい。
鼻はオウトツだけで成り立ってて、人間と同じような描き心地でした。

あと、端までキッチリ描いて四角く切るのが嫌で、いつも自然に切れるように描いてます。
今回は身体自体を顔の影のように切ったんだけど、もう少し右寄りに描いたら、もっと自然になったかも。

画材(鉛筆3種類・画用紙)
画像提供(nimomoさんのデジカメ写真)

えんぴつとぺん本館へもどうぞ。

鉛筆画(にゃんこの絵)

み~ちゃん
nimomoさん家の可愛いみ~ちゃんを描かせて頂いた1枚です。
毎回テーマを決めて描くんですけど、今回は「柔らかい質感」と「首を傾げた感じ」。
全体的に陰影の表現でいっぱいいっぱいで、首元の白い毛並みにはギブアップ。
あと目の辺が形いびつになって、修正しようと描き込み過ぎて黒くなっちゃった。
猫の目って黒目にも立体感があって、全体に緑、黄、茶、白等の微妙な色が入り混じってて、奥深いなぁ~って印象を受けました。

画才(鉛筆3種類・画用紙)
画像元(nimomoさんのデジカメ写真)

えんぴつとぺん(本館)へもどうぞ。

鉛筆画(チワワ2)

さくら2
デッサン始めて2枚目の犬の鉛筆画。
愛犬を描くために色々撮影したんですが、これはテーブルに前足を置いてる写真からです。
全体的にぬいぐるみっぽくなって、もっと毛並みの質感を出せるようになりたいです。
あと紙に対して左によってしまったので、バランスが悪いですね。

画才(鉛筆3種類・画用紙)
画像元(デジカメ写真)

えんぴつとぺん(本館)へもどうぞ。

鉛筆画(チワワ)

さくら
初めて描いた犬の鉛筆画。
目や鼻などはさほど描きにくさはなかったけど、最大の難関は毛並み。
斜線だとどうしても制限が出てきて、その範囲内で描く方法を僕の右手はまだ知らない。
その方法を模索するのも僕の右手、最初から何でも知ってる手なんてないしね。

画材(鉛筆3種類・画用紙)
画像元(デジカメ写真)

えんぴつとぺん(本館)へもどうぞ。

鉛筆画(呪怨2・伽椰子さん)

伽椰子
以前描いた伽椰子さんの絵を意識して再度描いてみた絵です。
前回は髪の毛の部分をスパッと切ったのが失敗でしたので
今回は「闇の中からヌ~ッと顔を出す」イメージで髪の毛を丸く気って描いてみました。
目を見開いてて描きやすそうかなって思いきや、実際輪郭が黒く消えてて
左右のバランス取るのとかも難しかったです。

画材(鉛筆3種類・画用紙)
元の画像(DVDの静止画)

鉛筆画(女性1)

女性1
この絵は影を描き込むことより、シンプルに仕上げたかっくて、固めの鉛筆メインで描いてます。
元の顔とは似てないんですが、まあ、悪くないかなってトコです。
髪の毛の描写ももっと描けそうなんですが、この時はこれで精一杯でした。

画材(鉛筆2種類・画用紙)
画像元(ニッセンカタログ)

鉛筆画(しょこたん)

しょこたん
普段ニコニコしてるイメージの強いしょこたんですが、真面目な顔から描いて、ちょっと暗くなった感じがします。
少し痩せてるってご指摘を頂いて修正をしたのですが、もう少しふっくらしてても良さそうですね。
目が大きくて、鼻が小さくて、唇が薄くて、僕にとっては苦手意識だけが残った1枚です。

画材(鉛筆3種類・画用紙)
画像元(ネットから拝借)

鉛筆画(テキサスチェンソー)

テキサス
上を向いて鼻の穴が見えてる角度が苦手でいつも苦戦してます。
首元の影が上手く表現出来なくて、首が太く見えますね。
でも全体的には悪くない出来です。

画材(鉛筆3種類・画用紙)
画像元(DVD・テキサスチェンソー静止画)

鉛筆画(プリズンプレイク)

プリズンブレイク

鉛筆画(ターミネーター2・T-1000)

T1000

鉛筆画(ターミネータ2)

T2
眉毛が見えにくいからか目が特に難しくかったです。
目の上がボコッと出てて、奥行きがある感じが出せたかどうか・・・・ってトコです。
かなり描き込んだんですが、もっと細かい所の描写も出来そうな感じします。

画材(鉛筆3種類・画用紙)
画像元(DVD・T-2静止画)

鉛筆画(プレデター)

プレデター
口が開いたのを描きたかったんですが、その歯の部分がイマイチ描けていないですね。
大きな顎の質感なんかも意識して描いたのですが、とことん描き込むまでは行けませんでした。
あと、ホースみたいな毛?もはしょっちゃいました。

画材(鉛筆3種類・画用紙)
画像元(DVD・エイリアンYSプレデター・静止画)

鉛筆画(メンデス村長)

村長。
ネットで拾ったポリゴン画像から描いたのですが、鉛筆画ならではの質感に仕上がったかなって思ってます。
元よりガッチリした顔になったけど、逆に迫力がでて個人的には気に入ってます。
迫力を出したくて、柔らかめの鉛筆メインで、ザラザラした紙の面に描いてます。

画材(鉛筆3種類・画用紙)
画像元(ネットで拾ったポリゴン)

鉛筆画(DMC3・ネロ)

ネロ
ベビーフェイスなネロを表現したかったけど、顔つきが若干厳しくなってネロとしては納得は出来ていないけど、まあ、こんなもんって所でしょうか。
途中で集中力が途切れて、髪とかかなり甘いので、今度描く時はもっとガッツリ行きたいです。
あと、目が髪の毛で隠れてるのが思いのほか描き難かったです。
鼻も若干曲がってて、改善できる所が目に付く1枚でもありますね。

画才(鉛筆3種類・画用紙)
画像元(公式壁紙)

鉛筆画(DMC3。バージル)

バージル
輪郭や細かい部分で「違うな~」ってトコあたけど、仕上がりは「3・ダンテ」より満足してます。
前半失敗したと思って半分開き直って描き続けたのですが、途中で投げ出さなくてよかったです。

鉛筆画(DMC3・ダンテ)

ダンテ3
今回は斜線の方向が揃わなくて、調子の出ない時のパターンにはまったって感じです。
撮影の関係もあるけど、かなり薄いですし、思うように影が付けれなかったのを記憶してます。
白髪の頭にも難儀しました、消しゴムを駆使したんだけど全然手ごたえなかったです。
襟元はCG丸出しの質感で、ちょっと描く意欲が湧かずスルーしてます。

鉛筆画(DMC4・ダンテ)

ダンテ
この絵は存在感なんかを表現したくて、濃い目の鉛筆メインで描いてます。
多少輪郭なんかか違うとこあるけど、陰影的には良いかなってとこです。
僕が持ってるダンテのイメージは、この様な凛々しい顔が強くて、前回の3バージョンは少し優しい気がします。

鉛筆画(マイク・タイソン)

タイソン
これはKO負けした試合でのタイソンの表情です。
彼は非常に太い首を持っているので、絵にされる時はガッチリした顎で描かれる時が多いです。
実際は細い顎の持ち主で、その太い首ゆえにタフな印象を与えてるんでしょうね。

これを描いた時は鉛筆でそんなに描いていない時で、結構描き込んだつもりだったけど
今見ると、もっと慎重に進めていけば、さらにこき込める要素はありますね。

鉛筆画(ロイ・ジョーンズJr)

ロイ
彼の顔立ちは、目が大きくてまつ毛が長くてパッチリお目目なの。
頭の形も綺麗な卵型で、イビツなトコがすぐ分かってしまうので難しいです。
今見れば、首から下をもっと描き込めそうだけど、顔でエネルギー使ってスタミナ切れを起こすんですよね。
今後は肩なんかも、もっとしっかり描きたいです。

鉛筆画(バーナード・ホプキンス)

ホプキンス
ボクシングが好きな僕にとって黒人男性の顔は、見慣れたと言うか描き慣れたと言うかシックリ来ます。
基本好きな顔なのと、女性や子供と比べるとオウトツが多くて影も多くなるからかも。
あと太い首筋なんかマッチョマン描いてる感覚でのびのび描けるのかもしれないです。

反省点を上げるとしたら、目元を描く時失敗を恐れてハッキリ描けなかった事。
ハッキリ描くにはそれなりの自身と勇気も必要で、やっぱり無難に済ましたいですよね。
誤魔化してばっかりだと上手くなれる物もなれないので、もっと勇気を出して描いて行こうと思います。

鉛筆画(女の子4)

姪
彼女のこの顔は非常に苦戦しました。
1番はこの輪郭で、ホッペがふっくらした反面顎が細くて耳が大きい、今まで描いた事のないバランスでした。
良く見て頂ければ分かると思いますが、下あごや首のラインを強引に修正してるので、少し黒くなってます。
写真見た時は簡単そうだったんだけどな~。

画材(鉛筆3種・画用紙)
画像元(デジカメ写真)
制作日(08年・5月2日)

えんぴつとぺん本館へもどうぞ。
プロフィール

ウィンキー

Author:ウィンキー
こちらでは気に入っている絵だけを見やすくUPしてます。
リンクから本館の「えんぴつとぺん」もヨロシク。

リンク
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。